GooCoの特長 ハイリスク薬

難しいハイリスク薬もタッチでかんたんチェック&入力

ハイリスク薬対応はパス・モニタリング機能で確実に

ハイリスク薬は、患者さんごとにモニタリング項目を設定。各項目には入力支援マスタが登録されています。適切な確認/指導とスピーディーな記録を両立し、患者の安全を守ります。

パス・モニタリング機能で確実に

副作用の未然防止、一元的継続的管理への対応

副作用機序別分類DB(どんぐり未来塾作成)との連携で、副作用の的確な確認をサポートします。

副作用の未然防止

副作用機序 特徴 チェック 対策
【薬理作用】
①過剰発現
②副次的作用
③作用欠如
・常用量でも発現する場合あり
・頻度が大きい
・中断症候群あり
・投与期間中は常にチェック
・副次的作用の発現に注意
・投与量削減
・緩和な他剤へ変更
・段階的に減量
【薬物毒性】
①臓器毒性
②催奇形性
③発癌性
・投与量、投与期間の大きさに依存する
・肝、腎、血液、中枢神経系に負荷
・投与期間中は定期的に検査
・催奇形は前臨床
・発癌性は前臨床および発売後に疫学調査
・様子をみながら投与継続
・他剤に変更
・投与中止
【薬物過敏症】
①特異体質
②アレルギー
・投与量、投与期間に依存しない
・6ヶ月以内発現
・6ヶ月間は初期症状の発現に気をつける ・即時投与中止
・同系他剤注意
・ステロイド併用
副作用機序
【薬理作用】
①過剰発現
②副次的作用
③作用欠如
特徴
・常用量でも発現する場合あり
・頻度が大きい
・中断症候群あり
チェック
・投与期間中は常にチェック
・副次的作用の発現に注意
対策
・投与量削減
・緩和な他剤へ変更
・段階的に減量
副作用機序
【薬物毒性】
①臓器毒性
②催奇形性
③発癌性
特徴
・投与量、投与期間の大きさに依存する
・肝、腎、血液、中枢神経系に負荷
チェック
・投与期間中は定期的に検査
・催奇形は前臨床
・発癌性は前臨床および発売後に疫学調査
対策
・様子をみながら投与継続
・他剤に変更
・投与中止
副作用機序
【薬物過敏症】
①特異体質
②アレルギー
特徴
・投与量、投与期間に依存しない
・6ヶ月以内発現
チェック
・6ヶ月間は初期症状の発現に気をつける
対策
・即時投与中止
・同系他剤注意
・ステロイド併用

ページトップへ戻る