第26回 メトホルミンによる乳酸アシドーシスはなぜ起こるの?

引き続き、副作用機序別分類の具体例をご紹介していきます。
“副作用の起こる発生機序 3つの分類”薬理作用・薬物過敏症・薬物毒性のどれに分類されるのか?
どのような事に活用できるか?具体的に紹介していきます!

今回は、メトホルミンによる乳酸アシドーシス(重大な副作用)についてご紹介します。

まずは、結論から!メトホルミンによる乳酸アシドーシスは、【薬理作用による副作用】です。

ビグアナイド系経口血糖降下剤であるメトホルミンは、主に肝臓における糖新生を抑制し、膵β細胞のインスリン分泌を介することなく血糖降下作用を示します。また、末梢組織における糖取り込みの促進、小腸における糖吸収の抑制等も知られています。

糖新生時には、筋からアミノ酸、乳酸、ピルビン酸、脂肪組織からグリセロールが使われ、肝臓でグルコースに代謝されます。

メトホルミンは、この代謝を抑制して、血中グルコース(糖)を低下させます。肝における乳酸からの糖新生を抑制することにより血糖を下げるため、ビグアナイド系薬の投与によって乳酸が増加します。通常はそれに応じて乳酸の代謝が増加し、乳酸値のバランスは保たれますが、肝での代謝能以上に乳酸が増加した場合や、肝での乳酸の代謝能が低下している場合にはこのバランスが崩れ、乳酸アシドーシスが発現するおそれがあります。

乳酸アシドーシスは、胃腸症状(悪心、嘔吐、腹痛、下痢等)、倦怠感、筋肉痛などの初期症状から始まり、過呼吸、脱水、低血圧、低体温、昏睡などの症状へと進行していきます。乳酸アシドーシスは致死率の高い疾患です。

乳酸アシドーシスによる胃腸症状は、ビグアナイド系薬剤の投与開始初期によく認められる副作用である胃腸症状との区別が難しいとされています。通常の副作用の場合は軽度で一過性であり、一時的な減量、休薬により症状は回復することが多いようですが、症状がひどい場合や継続する場合は注意が必要です。

乳酸アシドーシスが起こりやすいケースとして、腎機能低下時や脱水などがあります。

【腎機能低下時】
メトホルミンは腎排泄型薬剤なので腎機能が低下している患者さんでは血中濃度が高くなり乳酸アシドーシスを起こしやすくなります。また、CTやX線検査などで用いられるヨード造影剤についても、腎機能が低下することで乳酸アシドーシスが現れやすくなるといわれています。そのため、検査前はメトホルミン投与を一時的に中止し、ヨード造影剤投与後48 時間も投与を再開しないこととなっています。

【脱水】
乳酸アシドーシスは脱水時に起こりやすいです。シックデイの患者、利尿剤、SGLT2阻害薬を服用している患者さんは要注意です。
過度のアルコール摂取は、肝臓における乳酸の代謝が低下します。また、脱水状態を来すことがあるので避けるよう事前に伝えておきましょう。

その他、肝機能障害、低酸素血症を伴いやすい状態、感染症、高齢者等もリスク因子です。

胃腸症状は、メトホルミン投与開始初期の一過性?乳酸アシドーシスの初期症状?様々なケースがありそうだね。
個々の患者さんの状況を把握して、特にリスクの高い患者さんにはテレフォンフォローアップなど服薬期間中の体調変化を確認していこう!

<<第27回 ツロブテロールテープによる心悸亢進はなぜ起こるの?

第25回 α-グルコシダーゼ阻害薬による 腹部膨満感はなぜ起こるの?>>

ページトップへ戻る