第37回 H2受容体遮断薬のせん妄はなぜ起こるの?

引き続き、副作用機序別分類の具体例をご紹介していきます。
“副作用の起こる発生機序 3つの分類”薬理作用・薬物過敏症・薬物毒性の分類されるのか?
どのような事に活用できるか?具体的に紹介していきます!

今回は、H2受容体遮断薬のせん妄についてご紹介します。

まずは、結論から!H2受容体遮断薬によるせん妄は、【副次的な薬理作用による副作用】です。

H2受容体遮断薬のせん妄は、H1受容体拮抗薬による眠気と同じ機序で起こります。

ヒスタミンが中枢神経に存在するヒスタミン受容体に結合することで覚醒や興奮が保たれています。H2受容体は、脳内に多く存在します。H2受容体遮断薬が血液脳関門を通り、脳内のH2受容体を遮断することで中枢神経系が抑制され、せん妄や錯乱などの精神神経症状が起こります。

H2受容体遮断薬は、ほとんどが腎排泄型薬剤です。
腎機能が低下している高齢者などに投与すると排泄遅延が起こり、薬理作用の過剰発現による副作用の発現リスクが高まります。少量から慎重に投与するか、またはPPIへの変更を考慮する必要があるかもしれません。

また、せん妄は高齢者に起こりやすい症候(老年症候群)ですが、薬剤起因性で起こりうる場合も多く、原因薬剤の一つとして今回ご紹介したH2受容体遮断薬が挙げられています。
厚労省 高齢者の医薬品適正使用の指針(総論編)にも、H2受容体遮断薬は「高齢者ではせん妄や認知機能低下のリスク上昇があり、可能な限り使用を控える。」と記載されています。

薬剤起因性で起こる老年症候群は、見過ごされがちだから注意しよう!
H2受容体拮抗薬によるせん妄と気づかず、抗精神病薬などが処方されてしまうことがあるかもしれないね。薬剤が原因で起きている症状ではないか?疑うようにしましょう!

<<第38回 ARBによる低血糖はなぜ起こるの?

第36回 Ca拮抗薬の歯肉肥厚はなぜ起こるの?>>

資料ダウンロード

デモお申込、お問い合わせ

ページトップへ戻る